qrcode.png
http://maruichipole.jp/
モバイル版はこちら!!
モバイルサイトにアクセス!

丸一鋼管株式会社 特品事業部
〒599-8102
大阪府堺市東区石原町2丁125番地
TEL:072-258-1858
FAX:072-259-6401
------------------------------------
・道路照明柱、公園灯柱ほかテー
 パーポールを中心と照明柱
 の設計・製造
・道路標識柱、門型柱、ET
 ントリーほか標識、通信用柱
 設計・製造
 
------------------------------------
074724
 

照明ポール

 

The Taper Pole

The Taper Pole
 
テーパー(taper)とは、勾配、傾きという意味。
細長いものが一定の割合でだんだん細くなっていくとき、「テーパーがついている」といいます。
このような先細のポールを”テーパーポール”と呼びます。テーパーポールを使えば軽量化や素材資源の節減にもつながります。
 
 機能 Function
    当社が生産するテーパーポールのブランドである”マルイチポール”は、豊富な経験と卓越した技術により
      生産されています。優美な曲線やシャープな直線で構成されたフォルムは独自の機能美を備えています。
 
 安全 Safety
    照明ポールは交通安全設備として大いに役立っているだけでなく、防災や防犯など生活安全面から社会的に
    必要不可欠な設備でもあります。
 
 景観 View
   その多くが公共設備である照明ポールは、豊かな機能性とともに設置される環境に調和する景観美も問われ
   ます。”マルイチポール”は、用途・目的に応じたデザインの要求に柔軟に対応しています。
 
 

照明ポールとは?

照明ポールとは?
 
照明ポールは道路や公園などを照らす照明器具を支える柱です。
 公園や歩道用の高さ3m程度のものから、陸上競技場を照らす30m超の鉄塔まで皆様の暮らしの様々なシーンを照らす灯りを支える、言わば「縁の下の力持ち」的な存在です。
 丸一鋼管株式会社ではおもに屋外で使用される鋼製ポールを製造・販売しています。
 屋外に建てられている柱には、照明ポールのほか、電柱、標識柱があります。このうち電柱は景観整備の促進で電線地中化が進み、徐々に街頭からその姿を消しつつあり、照明ポールの果たす役割は益々重要になってきています。
 

照明ポールの用途別分類

照明ポールの用途別分類
 
おもに屋外で使用される「照明ポール」は、道路・歩道に使用される「道路用」、公園・駅前広場や高速道路のサービスエリアなどに使用される「施設用」、道路の交差点で信号や標識も一緒になった「多目的柱」、競技場・港湾施設などで使用される「照明鉄塔」に大別できます。
 
 
照明単独柱(道路用) 
屋外に設置される照明ポールの多くを占めるのがこの道路照明ポールです。車道専用、歩道専用、歩車道兼用があります。
 
道路照明柱(施設用)
公園・駅前ロータリー・高速道路のサービスエリアなどに設置される照明ポール。デザイン性も重視されます。
 
多目的柱
歩道・車道照明に信号や標識なども取り付けられたハイブリッド・ポール。おもに交差点で活躍しています。
 
照明鉄塔
競技場・高速道路のジャンクション・空港などの大型施設を照らす大型の照明鉄塔。大きいものでは高さ40mにも達します。
 

標準ポール

標準ポール
 
公共設備である照明ポールに数多く採用されているマルイチポール。
その多くは、用途・目的に応じ、国・自治体等により適用規格が厳格に定められた「標準品」です。
特品事業部ではこうした規格・基準に適応し、さらに厳しい社内規格をクリアした照明ポールを製造しております。
 
 
直線形
 
長円形
 
円弧形
 
折線形
 
共架形
<<丸一鋼管株式会社>> 〒599-8102 大阪府堺市東区石原町2町125番地 TEL:072-258-1858 FAX:072-259-6401